在宅仕事

悪徳業種の見分け方

初期費用請求は要注意

 在宅ワーク・在宅の仕事をしたい人の心理につけ込んで、高額なパソコンや教材を買わせたりする悪徳業者は以前からあるようです。また最近では小額の登録費を取るのが目的で、実際には仕事がほとんど無い…けっきょくマルチ商法だった…等々手口も多数になってきているようです。


実は管理人自身もネットで紹介されている在宅ワーク募集サイトに資料請求してかなり高額なパソコン購入を迫られたことがあります。その時は電話の時点で断ったのですが、異常なまでの勧誘と最後には契約しないことにブチ切れるという悪徳業者丸出しの行動でした。今思えば逆にそこで紳士的な対応でもされていたら騙されてい可能性も否定できませんので怖いと思いました。


まず、頭に入れておきたいのが、「仕事をするのに費用が掛かるものは余程注意しなければいけない」ということです。
特に何万・何十万円という額ならとりあえず疑って入った方が無難です。もちろん数千円でも悪徳業者の可能性はありますが…。


マルチ商法についても絶対止めておいてください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/anote/maruchi.htm
マルチ商法は加入者が次の加入者を誘いその加入者も次の加入者を誘って組織を拡大していく…という商法です。加入者は誘った加入者に商品を売っていきますので、どこかで行き詰ることが目に見えているのです。
管理人の体験談ですが、某有名化粧品訪問販売のメーカーでもこのような形態で組織を拡大していて、内部では加入した販売員に強制的に何十万円の商品を買わせるということをしている人もいました。こんな会社がテレビでCMをやっているので引っかかってしまう人も多いんだと思います。


まずは、検索エンジンで「会社名」や「会社名+悪徳」などで検索して情報を集めてみるのも一つの手です。







(C)2007〜在宅仕事navi